ミノキシジルについて

毛根部分に効果のある薬品成分として、ミノキシジルはAGA治療に使われています。そしてこのミノキシジルには、内服薬と外用薬の2つのタイプがありま す。まず、内服薬に関しては直接体内に入れるということもあり、AGAに対する効果も高いとされています。

そしてこの内服薬は外用薬と併用することによっ て、更にAGAへの効果を高めることができます。また、この外用薬に関しては皮膚が直接吸収してしまうということもあって、内服薬に比べるとAGAに対す る効果は低いということになりますが、その分副作用が起きる危険性についても低いということが言えるので、一概にはどちらの方が良いということはできませ ん。

http://xn--u9jxg4ae1i9dzdz032am1f0r1h.jp/

そして、ミノキシジルとはもともとは血管や心臓などに対する血圧降下剤であったこともあり、その副作用については、フィナステリドよりも恐ろしい場合 があるということを頭に入れておかなければなりません。

また、心臓既往症の人に関してはミノキシジルを絶対に使用してはいけませんし、低血圧症の人は場合 によってはめまいを起こす可能性があるので、こちらも注意が必要になってきます。ミノキシジルはAGA治療に有効である反面、副作用が起こるなどの問題も あるため、使用する際は十分調べてから使うことが大切です。

当初は高血圧治療薬として開発されたいた!

ミノキシジルときけば、日本ではリアップという外用の育毛剤として有名ですが、ミノキシジルの当初の開発目的は高血圧の治療薬として開発されていました。
1960年代にアメリカのアップジョン社(現在のファイザー株式会社)が高血圧の治療薬として開発していました。作用としては血管を拡張させることで心臓 ポンプ機能に加わっている負荷を軽減させて、降圧作用を得るというものでした。しかし、多くの人に投与されている中で、副作用として全身の多毛症 (Hypertrichosis)が多く報告されてるようになりました。そこでアップジョン社は開発目的を育毛という点に変更して臨床試験を実施しまし た。ミノキシジルの錠剤を用いて臨床試験を行ったところ、多くの副作用が認められ、育毛というメリットが副作用というリスクを上回っていないと判断し、内 服薬での開発は断念されました。しかし、肌に直接ぬる外用剤として臨床試験を行ったところ、大きな副作用もなく、育毛効果が認められたことから外用剤とし て販売することが決定されました。
また、ミノキシジルは日本ではリアップという商品で大正製薬が販売していますがが、海外ではロゲインという商品でマクニール社が販売しています。

ミノキシジルにはリキッド、ゲル、タブレットとある

育毛成分のミノキシジルにはリキッド、ゲル、タブレットといろいろな種類があります。
リキッドは液体状のため広範囲に塗る時には便利なものの、頭皮から流れ落ちてしまう事がありました。
せっかく発毛促進作用のあるミノキシジルを頭皮に塗っても流れてしまったのでは効き目が悪くなってしまいます。
そんな時でもゲルなら固体と液体の中間のような性質を持っており、リキッドのように頭皮から流れ落ちてしまう心配が少ないと言うメリットがあります。
頭皮にミノキシジルが長く留まるために効き目が出やすいです。
さらにリキッドよりも用量の調節が行い易いと言うメリットもあります。
額の生え際は特に流れ落ちやすいためこの部位から始まった薄毛にゲルのミノキシジルが良く使用されています。
しかし額の生え際は頭頂部より頭皮が固く浸透しにくい事がありました。
この場合はリキッドでもゲルでも浸透しにくいですが、タブレットなら経口摂取する関係上で頭皮が浸透しにくくても大丈夫です。
その代わりにミノキシジルタブレットは多毛症と言った副作用が出やすいです。
腕や脚や胸や背中など頭部以外の体毛が濃くなる事がありますが、家庭用脱毛器などを使用してケアする事が可能です。
その他にも重い低血圧や不整脈や動悸と言った副作用も出やすいため、異常が見られたらすぐに中止して下さい。

ミノキシジルには発毛効果がある

ミノキシジルには発毛効果が見られると言う特徴があります。
なぜミノキシジルを頭皮に浸透させると発毛するのかその理由は成長因子にあります。
ミノキシジルには血管内細胞増殖因子VEGFと言う成長因子の分泌を増やす作用がある事が分かりました。
頭皮の下には毛細血管が走っており、その毛細血管と毛乳頭は繋がっています。
毛乳頭は血液から酸素と栄養を受け取りし、毛母細胞に分裂し髪の毛を伸ばすように指令を出しています。
この成長因子は毛細血管を広い範囲に張り巡らせる働きがあり、頭皮の血流が促進されるのです。
その結果、毛乳頭への酸素と栄養が多くなり発毛促進へと繋がります。
ミノキシジルはさらに発毛促進因子FGF-7と言う成長因子の分泌も増やす作用があります。
この成長因子は毛母細胞の分裂や増殖を促す働きがあり、結果的に発毛促進に繋がるのです。
ミノキシジルじたいが成長因子を分泌させるのではなく、人が本来持っている成長因子の分泌を促すところがポイントです。
AGA男性型脱毛症の人はこの成長因子の分泌が少ないと言われており、毎日ミノキシジルと頭皮に浸透させる事でAGAの改善が期待できます。
日本の発毛剤にはミノキシジル5%、海外の育毛剤にはミノキシジル15%と言う高濃度のものが見られます。

正しい知識でミノキシジルの使用を

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として高い効果を得られるミノキシジル、日本では外用薬しか販売されておらず、その代表製品として大正製薬の”リアップ” が幅広く知られています。

このミノキシジルはもとは、高血圧の人の為に毛細血管を拡張させ、血流を良くすることで血圧を下げるための血圧降下剤として開発 されました。その副作用として多毛症が多く報告されて男性の薄毛への効果に有用であることが分かりました。AGAの人にはとても魅力的なミノキシジルです が、低血圧の人がめまいを起こす恐れや心臓既往症の人は使用してはいけません。肥満や不妊などの人も使用は望ましくありません。

このように書くと、いかに もミノキシジルを使用しない方が良いと思われるかもしれませんが、そうではなくて、正しい知識を持って、自分に合った形で使用すればよいということです。 リアップは簡単に購入できてしまうのですが、使うべきでない人が買わないように、使うべき人は有効活用できるのが1番です。ミノキシジルの内服薬は日本で は購入できませんが、外国から個人輸入で手に入れる人もいます。

この際も、濃度が高いものをいきなり使うと危険だということを、元が血圧降下剤だというこ とから推察して、少しずつ、自分に合うものを見つけて使用して欲しいと思います。

ピンポイントで効率よく効果を発揮するミノキシジル注射

薄毛の治療のために処方されるミノキシジルのポピュラーな使用方法は頭皮に塗るタイプの育毛剤です。それから内服するタイプのタブレットもありますが、も う一つ頭皮注射させるという方法もあります。育毛剤を頭皮に塗ってそこから浸透させる方法やタブレットの服用は、継続的に使用していくことで始めて効果を 得られるものです。頭皮注射も最低半年程度繰り返し注入が必要になりますが、ミノキシジルを直接浸透させることが可能ですので、塗布して頭皮に行き渡るの を待ったり服用して全身に効果が分散されることなく、気になる頭皮にピンポイントで圧倒的な吸収率をもって成分を働かせることが可能になります。
ミノキシジル注射のメリットとして、副作用のリスクの軽減も挙げられます。塗布した部分がかぶれてしまったり痒みを生じるかたの場合でも、注入部以外の影 響がなくなるのでそういった症状が出る可能性がグンと減らせますし、内服薬を飲んだ場合に脱毛部以外の毛が濃くなってしまったり血圧降下などの作用も心配 なくなります。
ただしミノキシジル注射は非常に高額です。まずは一番手を出しやすい塗布するタイプの育毛剤を使用して、効果に満足しなければ内側から効くタブレットの服 用、そこからさらに金銭的な余裕があり高い作用を望むのであれば注射に移行するといった方法を取るのがいいでしょう。専門医に気軽に相談してみることをお 勧めします。

ミノキシジルを成分とした育毛剤を使用しています

私は43歳の男性ですが、ここ数か月ミノキシジルが成分に入った育毛剤を使用し効果を実感しています。

30代後半から抜け毛と共に、薄毛やおでこの広がり感じ始めた私。仕事のストレスや不摂生などの生活環境と遺伝的な要素が影響しているのは分かっていたのですが、40代に入るまで放置し続けてしまった結果、すっかり年齢よりも老けて疲れた印象になってしまいました。

そんな時に偶然ドラッグストアの陳列棚で見つけたのがミノキシジル成分の育毛剤です。以前からネットなどで調べてミノキシジルが効果的とは知っていました が、副作用や価格の高さを考えて躊躇していました。ちょうどその日は店内の薬剤師さんに自分の髪の症状を相談でき、その上で私の頭皮にはミノキシジル成分 のものが効果的とアドバイスされたので、試してみたいと思ったのです。

この商品を使い始めて1か月は特に変化を感じませんでした。むしろつけると少しかゆみもあって、使用を中止しようかとも考えた程です。ところが1か月半程 度使用した頃から髪に変化が出始めました。以前に比べ髪にハリが戻ってきて元気になった印象。抜け毛も徐々に減っていきました。ここ最近では広かったおで こ周辺にも毛が生えてきて、少し印象が変わったと妻からも言われました。

長く使うことによってミノキシジルは確かな効果を期待できます。若返りを期待しつつ今後も継続的に使用していこうと思っています。

ミノキシジルでフサフサに

私の知人男性の中には、ミノキシジルのおかげで髪の毛がフサフサになったという人がいるのですが、やはり、ミノキシジルで薄毛対策をしていくことで、増毛 できる可能性も十分にあるということがわかります。その知人男性はかなりの薄毛だったのですが、育毛剤で薄毛治療をする!と決めてから、毎日しっかり頭皮 のケアを怠らずに、育毛剤で対策をしていたのです。

その中でも、特にミノキシジルが入っている育毛剤は効果的だったそうで、ミノキシジル入りの育毛剤を3ヶ月間使用したところ、知人男性の薄くなっていた髪の毛が増毛されていったのです。それはすばらしいことですし、私も相当驚きました。
ミノキシジルでそこまで回復するとは正直思っていませんでしたし、知人のおかげでミノキシジル、そして、育毛剤に興味を持つようになったのです。私も薄毛 でちょっと悩んでいたのでですが、それを見てとても勇気付けられましたし、ミノキシジルはかなりの効果が期待できるということがわかりました。

やっぱり、薄毛になっても諦めなければ、もう一度フサフサになれるチャンスもあるので、薄毛で悩んでいる方でも、また育毛していくのがいいでしょう。知人のように、ミノキシジルで増毛できるようにしましょう。

ミノキシジルの副作用には注意が必要

ミノキシジルは発毛効果が期待出来るという事で薄毛治療に用いられています。しかし効果が期待出来るという事はそれだけ強い成分という事なので当然体への リスクも高くなってきます。体質が人それぞれ違うので一概には言えませんが副作用が出てしまう可能性も十分考えられます。

ミノキシジルは高血圧の治療薬としても使用されているので当然血圧を下げるという作用があります。そのため血圧が正常の人がミノキシジルを服用すると低血 圧の症状が出てしまう可能性があります。軽いものだと頭痛ぐらいで済むのですが、酷くなってしまうと立ちくらみなどが起こってしまいさらに大きな病気に発 展してしまう可能性もあります。ミノキシジルを服用して少しでの体調に異変を感じたら使用するのを一時中断して様子を見ましょう。

ミノキシジルを服用すると血管拡張作用が働いて皮脂分泌が多くなって毛穴に詰まりやすくなってしまいます。そのため肌荒れやニキビなどで悩まされてしまう可能性があります。特に肌が敏感でアレルギー体質の人は注意しておかなければいけません。

ミノキシジルは薄毛の原因である男性ホルモンの分泌を抑制する働きもあるので精力が落ちてきて勃起不全などの症状が出てしまう可能性があります。そのため性生活に支障が出てしまう可能性もあるので注意しながら使用していきましょう。

ミノキシジルといえばリアップ

育毛剤の成分である、ミノキシジルを利用している市販の製品リアップを一時、利用していました。
CMで唯一発毛効果がある製品とうたっており、期待して購入しました。
実際に毛は生えてきたものの、弱弱しい毛で、その後太く成長することもなく、抜け落ちてしまいます。
継続して患部に塗ると、再び生えてくるのですが、やはり弱弱しい毛が生えるだけで、フサフサの頭髪に
戻れるわけではありませんでした。
1本あたり5000円ほどの高価な商品だったので、期待していたのですが、残念でした。
ミノキシジルの副作用としては、リアップ使用中に心臓の動悸、息切れが多発しましたので、それが私
にとっての副作用だったと思います。
実際にミノキシジルは高血圧の血圧を下げるために開発された薬のようです。血圧を下げるために血管を
膨張させて、血のめぐりを良くして血圧を下げるのだそうです。その影響で私の心臓の動悸や、息切れが
多発していたのでしょう。
効果と副作用のバランス、製品の単価などを考えて、1年未満で使用を中止しました。
そして育毛については、あきらめて、現在は丸刈りで生活しています。
腹をくくってしまえばらくなもので、もう髪の毛のことなど、どうでもよくなりました。

AGA治療に効果ミノキシジル

男性型脱毛症AGAは、思春期を過ぎた頃から額や頭頂部の毛が薄くなる症状です。AGAの原因は遺伝や男性ホルモンの影響と言われており、額や頭頂部のど ちらか一方だけ、もしくは両方から薄毛が進行していきます。AGAで薄毛になった部分を調べると、ジヒドロテストステロンという原因物質が高濃度に見られ ます。ジヒドロテルトステロンは髪の毛が成長する仕組み「ヘアサイクル」の成長期を短くする原因となると言われており、その結果髪の毛が成長しきる前に抜 けてしまうことで薄毛が進行します。AGAは病院での治療が可能です。AGAが原因の薄毛では、髪の毛が薄くなっても産毛が残っているのが特徴で、太く長 く成長させる治療を行うことで改善することができます。

ミノキシジルは、血管を拡張し血流を促します。元々アメリカのアップジョン社が開発した高血圧の治療薬でしたが、その副作用である多毛症に着目、男性の薄 毛に高い効果が認められ発毛治療に使用されるようになりました。ミノキシジルを成分とする発毛促進剤としてはドラッグストアなどで販売されている大正製薬 のリアップが有名です。ミノキシジルには内服薬もあり、内服すると有効成分が直接血液に溶けて作用するため高い効果が期待できる上、作用時間も長くなりま す。